家事トラブル

家事トラブル

家事事件とは、家庭内でのトラブル、紛争について裁判所で争うことです。

家事事件は、家庭裁判所が管轄しています。

家庭裁判所では、遺産相続をめぐる親族間の問題、夫婦間の離婚問題、子供の親権問題や養育費の問題、親族間での扶養義務の問題など家庭内のトラブルの審判と調停を取り扱っています。

平成25年1月1日より「家事事件手続法」が施行され、従来家庭裁判所での手続きを定めていた家事審判法は廃止されました。家事審判法が31条で構成されていたのに対し、「家事事件手続法」は293条と大幅に条文を増やし、手続内容等も明確になりました。

これは当事者の手続保障が拡充される反面、当事者の「自助努力」も求められていると考えることができます。

当事務所では、親族間等のそれぞれの利害関係を十分に把握し、法律的にお互いの主張がどこまで認められるのかを検討し、妥当な解決策のアドバイスをさせていただきます。
また、内容証明郵便の作成や家庭裁判所に対する書類作成等を通じてご依頼者様のお手続を総合的にサポートいたします。

家庭裁判所での手続きは以下ようなものがあります。

遺産・相続に関すること

  • 遺産分割調停
  • 遺言書の検認
  • 特別代理人選任
  • 相続放棄・限定承認
  • 相続財産管理人選任

行方不明者に関すること

  • 失踪宣告
  • 不在者財産管理人選任
  • 夫婦に関するもの

夫婦関係に関すること

  • 離婚
  • 慰謝料
  • 年金分割
  • 財産分与

子どもに関すること

  • 親権
  • 監護権
  • 養育費・面接交流
  • 嫡出否認・認知
  • 養子縁組・離縁

初回ご相談無料